テクニカルエンジニア(情報セキュリテ)試験過去問題


 SQL の GRANT 文による権限定義に関する記述のうち,適切なものはどれか。

 ア PUBLIC 指定によって,全ての権限を与えることができる。

 イ WITH GRANT OPTION 指定によって,権限を付与可能にすることができる。

 ウ ビューに対して固有の参照権限を定義できない。

 エ 表定義の SQL 文内に GRANT 文を指定することによって,権限定義がで
  きる。


『今だけ!! 最新技術の解説を無料提供』

    ●「5分でわかる最新キーワード解説」
    ●「ネットワーク早わかり講座」
    ●「運用コストを減らすワザ50」
    ●「すご腕アナリスト市場予測」などと言った
    いわゆるコンピュータ雑誌に掲載されているような
    価値のある情報です。

    普通なら、雑誌代に月々1500〜2000円は掛かるところですが、
    無料で購読することが出来てしまうお得なサービスです。
    とりあえず、申込んで、購読出来る環境を作っておきましょう。


        無料会員登録!!!


 イ WITH GRANT OPTION 指定によって,権限を付与可能にすることができる。

> GRANT
> PUBLIC キーワードは、その権限が将来作成されるユーザを含む、全てのユーザに許
> 可されることを示します。
> WITH GRANT OPTIONが指定されると、権限受領者はその後、他のユーザにその権限を
> 与えることができます。
> http://www.postgresql.jp/document/pg721doc/reference/sql-grant.html

 どうもありがとうございます。

> WITH GRANT OPTION
> http://www.techscore.com/tech/sql/10_01.html

 どうもありがとうございます。

▽ 午後2試験の対策講座

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

情報セキュリティスペシャリスト試験 おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケットあります。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。