テクニカルエンジニア(情報セキュリテ)試験過去問題


   ┌─────────┬──────────┬──────────┐
   │ システム方式設計 │ソフトウェア方式設計│ソフトウェア詳細設計│
┌──┼─────────┼──────────┼──────────┤
│ ア │運用テスト    │システム結合テスト │ソフトウェア結合  │
│  │         │          │テスト       │
├──┼─────────┼──────────┼──────────┤
│ イ │運用テスト    │ソフトウェア結合  │ソフトウェアユニット│
│  │         │テスト       │テスト       │
├──┼─────────┼──────────┼──────────┤
│ ウ │システム結合テスト│ソフトウェア結合  │ソフトウェアユニット│
│  │         │テスト       │テスト       │
├──┼─────────┼──────────┼──────────┤
│ エ │システム結合テスト│ソフトウェアユニット│ソフトウェア結合  │
│  │         │テスト       │テスト       │
└──┴─────────┴──────────┴──────────┘


『今だけ!! 最新技術の解説を無料提供』

    ●「5分でわかる最新キーワード解説」
    ●「ネットワーク早わかり講座」
    ●「運用コストを減らすワザ50」
    ●「すご腕アナリスト市場予測」などと言った
    いわゆるコンピュータ雑誌に掲載されているような
    価値のある情報です。

    普通なら、雑誌代に月々1500〜2000円は掛かるところですが、
    無料で購読することが出来てしまうお得なサービスです。
    とりあえず、申込んで、購読出来る環境を作っておきましょう。


        無料会員登録!!!


┌──┬─────────┬──────────┬──────────┐
│ ウ │システム結合テスト│ソフトウェア結合  │ソフトウェアユニット│
│  │         │テスト       │テスト       │
└──┴─────────┴──────────┴──────────┘


開発プロセスは以下の通り

■システム要件定義
システム化の対象業務を定義し、顧客の要求を分析します。

■システム方式設計(旧外部設計)
アーキテクチャー(H/W,S/W等)や実装方針などを決定します。
システム結合のためのテスト要求事項の定義もこのプロセスで実施します。

■ソフトウェア要件定義(旧外部設計)
ソフトウェア機能、インターフェースなどを決定します。(DFD,E-Rダイアグラム,UML)

■ソフトウェア方式設計(旧内部設計)
ソフトウェア要件定義書を基に、ソフトウェア構造と各コンポーネント、各インターフェースの設計を行います。
ソフトウェア結合のためのテスト要求事項の定義も行います。

■ソフトウェア詳細設計(旧プログラミング設計)
ソフトウェア方式設計を基に、ソフトウェアコンポーネント、インターフェース、データベースの詳細設計を行います。

■ソフトウェアコーディング
ソフトウェアのコード、データベースの作成

■ソフトウェアユニットテスト
ソフトウェア詳細設計通りにソフトウェアが実現されていることを確認します。

■ソフトウェア結合テスト
ソフトウェア方式設計通りにソフトウェアが実現されていることを確認します。

■ソフトウェア適格性確認テスト
ソフトウェア要件通りにソフトウェアが実現されていることを確認します。

■システム結合テスト
システム方式設計通りにシステムが実現されていることを確認します。
開発したソフトウェアを、稼働環境であるハードウェアの上で動作させ結合します。

■システム適格性確認テスト(旧システムテスト)
システム要件通りにシステムが実現されていることを確認します。

■ソフトウェア導入
契約で指定された実環境にソフトウェアを導入します。

■ソフトウェア受入れ支援
ソフトウェア購入者主体での受入れレビューと受入れテストの支援を行います。
ソフトウェア購入者への教育訓練なども行います。


▽ 午後2試験の対策講座

午後試験にも通用する知識習得には コレ!!
無料で購読出来ます。  試さないと、勿体無いですよ。

情報セキュリティスペシャリスト試験 おすすめ参考書・問題集

ベンダー試験 格安受験チケットあります。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。